デジフォト&Webを楽しむ勉強室
/TOP/サイト利用のご注意/お問い合せ/教室・教員
OFF-LINE/フォト散歩勉強会/
ON-LINE/画像掲示板/デジカメ&Web/リンク/

アナログカメラとデジタルカメラ
-スピード優先か
確認時間を持つことを優先するか?-


アナログとデジタルの比較(2004.4月)

銀塩写真とデジタル写真の優劣は諸説ありますが、ここでは撮影した画像を1つの情報と考えて、それぞれの特性をまとめてみました。

撮影した被写体の閲覧できるスピードについて

デジタル写真は、写したものをすぐに見ることができます。それに比べ、アナログ写真は、現像の行程からも撮影画像を見るまで手間がかかります。
ここで注意したい点は、すぐに確認できるデジタル写真は、全てにおいてアナログ写真より勝っている。と言えないことです。ビジネスユースでは、合理的に低価格で高品質のものを必要としますが、個人では、作成過程に時間をかけて確認しながら進めることが、むしろ自分にプラスになる。と考えることもできます。
このように合理性を選ぶと、過程の時間が取れない面があり、プライベートユースでは、このような認識が必要です。


撮影した写真の伝達範囲の確認

デジタル写真は、インターネットを使用することでかなり浸透する可能性があり、WebにUPした写真が作者の知らない所で使われてしまうことさえあるでしょう。
これに対してアナログ写真は、一般的にスライド(ポジ)などはオリジナル1点しか無い場合も多く、ネガをプリントしても10枚以内で広範囲にその写真が広がる可能性はありません。
アナログ写真は、デジタルよりオリジナル性が高く、それぞれの特性は、デジタルは浸透しやすく、アナログは浸透しにくいと言えます。図1参照

「写真の浸透しにくさ」は、目的によっては長所でもあり、写真を撮す作者のとらえ方次第でしょう。
撮した写真の用途は、「自分一人だけで見る」のか「グループ内で閲覧する」または「多くの人に公開したい」のか用途範囲を自分で確認・認識する必要があります。





アナログ写真のデータ化→
画像についての知識→
写真の補正方法→
デジタルカメラ
デジタルカメラは、CASIO QV10(1995年3月発売)RICOH DC1などが表れてまだ10年ほどだが、その技術変化は速い。写真は初期のRICOH DC2

●デジタルカメラリンク
Nikon
OLYMPUS
デジタルカメラ大実験
デジタルカメラでチョコエッグ


アナログカメラ
アナログカメラは、銀塩カメラと呼ばれ銀盤写真法が生まれたのは19世紀。写真は1950年代のドイツKODAK Retina IIc

●アナログカメラリンク
ペンタックスカメラ博物館
株式会社コシナ





管理人について運営会社についてお問い合せ
Copyright(C) 2004 Takao Office Co.,Ltd. All rights reserved.