水門見学「千葉県・佐倉編」



「水門見学は魅力があるらしい。」で、私もとにかく見学に出発。
8月8日(日)J.Sato先生のページを参考に、千葉県、佐倉市へ。ゲ〜、とにかく暑い。
これは登山よりきついかもね。磁石は携帯してたが、精度の高い地図も欲しいところであった。
地味なテーマだが、訪れてリハビリとなるのがうれしい。






このページのフォーマットは、h-m先輩のページをベースに使用させていただきました。



鹿島橋の両側に2つの水門を発見。
ふむふむ、これは樋管(ひかん)なの?
水門とは言えないかもしれないが、初対面のこともあり、
自分なりに納得。










川を少し下ると屋形船に出会った。
これで宴会する人この辺にそんなにいないでしょう?
芸者さん呼ぶのは難しそう。










川沿いの農道を歩く。う〜む、水門見学は川沿いに行くのか。と改めて納得、関心。
川釣りもそうかもしれないが、水門見のほうがずっとクールで渋い。
日差しの強い中、バッタを脅しながらとにかく前進。


だいぶ年配の方に遭遇。これはまるで墓石
みたいだね、現役として機能しているか心配。











これは今までの中では、立派かな?
機能ははたせてるが、風情がない。
と風流を好む老人のような視点。
これでは水門見としては、失格か?








次のページへ