カトリック関口教会は目白通りにある。 1900年に 関口聖母教会として 発足し、 1920年に大司教聖堂(カテドラル)と なった。

カトリック教会には地域区分があり、日本は16の教区に分かれている。それぞれの教区には司教がおり、この司教が儀式をするための着座椅子を「カテドラ」という。

カテドラルとはカテドラのある教会、司教座聖堂のことで、東京教区の司教座聖堂であるこの東京カテドラルは、教区の「母教会」ともいえる。

  関口教会のシンボルである大聖堂は敷地の中心にあり、高さ39.4m。8面の双曲は大十字架をかたちづくっている。中に入ると、冷たく厳粛な空気が聖堂内にたちこめ、とても緊張感がある。ここで毎週のミサや結婚式などが行われ、人々の祈りの場とされている。聖堂には、たとえ儀式が行われていても誰でも出入りが自由となっている。

この他にも関口教会には、高さ61.68mの鐘塔や、教会用としては日本最大のパイプオルガンなどがある。<sa>



問い合わせ先
東京カテドラル聖マリア大聖堂■文京区関口3-16-15■03-3941-3029


ガイドマップへ戻る
高尾事務所・表紙へ戻る
株式会社高尾事務所●豊島区文京区文化散歩●雑司が谷周辺ガイド
【株式会社高尾事務所ではこれらの名所・施設へのお問い合わせ等の取り次ぎはいたしておりません】
【記載情報の誤りなどによる不利益に対して、株式会社高尾事務所では責任を負いません】