日本女子大学は、明治34年(1901)にクリスチャン・成瀬仁蔵によって創立。 日本女子大学校(昭和23年より新制・日本女子大学となる)として、家政・英文・国文の3部からなる総合大学を目指す、規模の大きなものでした。神田川沿いから日本女子大学のある通りまで、今でも急な豊坂と言う坂を、たくさんの袴姿の女子学生たちが賑わすようになりました。

当時、国家の女子高等教育機関は教員養成機関にとどまっていて、明治30年に入り高等女学校令が公布され、私立の女子高等教育機関も相次いで設立されるのですが、規模も小さく職業教育を目的とするものでした。 また、高等女学校令が公布され、これらの女子高等教育機関が設立されて行く背景には、女子教育に対する国家の指導強化があり、良妻賢母の理念を基本方針として打ち出して、その後の女子高等教育の方向を決定づけることになります。

このような時代に在って、日本女子大学校の創立者・成瀬仁蔵が重視した教育は、人格養成(人としての教育)を主眼とし、はじめから職業人養成を目的とする専門教育ではなく一般教養的普通教育を重視。女性の多様な生き方を認め、自立と向上を目指すものでした。独特の人格形成に基づく人間としての天職論を唱えましたが、当時の家事・育児天職論、良妻賢母主義教育論と解釈されかねない時代でもありました。 このような教育理念に支えられ社会に巣だった女性たちは、明治末から現在にいたるまで、職業・社会活動面で日本を代表する人物となり、また幅広い職域と活動の多さが特色です。第3回生には、明治・大正・昭和にかけて婦人運動(女性開放・権利としての母性保護等)を展開した 平塚らいてう がいます。

大学構内には、成瀬記念講堂(明治39年に落成、昭和49年に東京都文京区の有形文化財指定、西洋教会堂の形式に西洋中世貴族の邸館大ホール様式を加えた設計)・成瀬記念館(昭和59年竣工、赤煉瓦のロマネスク洋式建築)が建ち、現代建築校舎に落ち着きを与えています。(鈴木 4.30 記)

参考文献:女子の高等教育(日本女子大学女子教育研究所 編)、江戸東京学辞典(三省堂 発行)、日本女子大学入学案内、岩波ブックレットNO.67 平塚らいてうと日本の近代




問い合わせ先
日本女子大学■文京区目白台2-8-1■03-3943-3131
Yahoo! JAPAN - 日本女子大学
ガイドマップへ戻る
高尾事務所・表紙へ戻る
株式会社高尾事務所●豊島区文京区文化散歩●雑司が谷周辺ガイド
【株式会社高尾事務所ではこれらの名所・施設へのお問い合わせ等の取り次ぎはいたしておりません】
【記載情報の誤りなどによる不利益に対して、株式会社高尾事務所では責任を負いません】