史蹟・関口芭蕉庵は、目白通りから少し入った神田川沿いにある。 この関口芭蕉庵はもともと竜隠庵(りゅうげあん)といったが、1677年から1680年の4年間、松尾芭蕉が神田川改修工事監督のさいに居住していたことから関口芭蕉庵と呼ばれ、大正15年に東京府の指定史蹟にされた。




正門はいつも閉ざされており、横の通用口が入り口となっている。 入ってすぐの所にある木造の建物が芭蕉庵だ。残念ながら芭蕉庵は火事や戦火で何度か焼失してしまい、現在の建物は、昔の面影を残そうと戦後に新築されたものである。




庵内には沢山の木々草花が植えられており、順路に沿って庭を散策していくと所々に有名歌人の歌碑や句碑がみられる。そして一通り回ると、池のほとりに芭蕉の句碑が立てられている。これは芭蕉二百八十回忌を期して立てられたもので、句碑には芭蕉の名句が記されている。

 古池や蛙とび込む水の音  松尾芭蕉



問い合わせ先
関口芭蕉庵■文京区関口2-11-17■03-3941-1145
     毎週月曜日はお休みです。他に都合によりお休みの日もあるので、
     電話をしてから尋ねると良いでしょう。

ガイドマップへ戻る
高尾事務所・表紙へ戻る
株式会社高尾事務所●豊島区文京区文化散歩●雑司が谷周辺ガイド
【株式会社高尾事務所ではこれらの名所・施設へのお問い合わせ等の取り次ぎはいたしておりません】
【記載情報の誤りなどによる不利益に対して、株式会社高尾事務所では責任を負いません】