高尾事務所展 No.2「兎年の三人」

酒井道夫 高尾洋 佐藤淳一



賛助出品/横溝健志鈴木喜一

1999年2月19日(金)から3月3日(水)まで

アユミギャラリー
東京都新宿区矢来町114


今回は、酒井道夫氏、佐藤淳一氏のご協力により、「兎年の三人」展となった。
私にとってお二人は、常に大志を失わない、人として尊敬できる人物である。
コンピュータによって情報網が発達する中、
それぞれのポジションで自分のなすべき事をしっかりとされてきた。
今回そのことをアユミギャラリーという場で発表するわけではない。
かといってそれぞれの自己表現を発表することが目的でもない。
疑似体験であるデジタル情報通信時代を迎えて、
基本的な人との関係の再確認をして行こうというものだ。
そして、お互いが良い区切りにできると良い。
六十歳、四十八歳、三十六歳とそれぞれ今年なるが、
歳を超えて共に何かできることはうれしいことだ。
もちろん、干支など関係なく人が広がるともっとうれしい。[高尾洋]






Return