Bunny
Net
のご案内



●会員制実験BBS Bunny Net●

Bunny Net BBS は、1998年12月25日をもちまして運用を停止いたしました。長らくのご愛顧ありがとうございました。



Bunny Netは、1993年に運用を開始した、FirstClassによるBBSです。高尾事務所とその周辺関係者を中核として、デザイナー、編集者、アーティストなどが多く参加する、ちょっと不思議なネットワークです。 Bunny Netは、インターネット側からもアクセスできます。このBunnyNetは会員制BBSですので,全てのサービスを受けるためには事前の登録(無料)が必要です。ユーザID : guest、パスワード : guest で、お試しゲストアクセスができます(ゲストの方は、全ての情報がリードオンリーです)。




◎以下、「Bunny Net 主旨」(94/7)より◎
●Bunny Netの目的●


Bunny Netは、急激な拡がりを見せるコンピュータ環境を使いながら、現状で何ができるか、どうあるべきかを逐一実験し、コミュニケーションの今後のありかたを思考することを主な目的とします。 制作事務所を運営の母体としておりますが、あくまで実験ネットであり、営利を目的とはいたしません。印刷物制作に関わる情報の流通と蓄積を中心の使命としますが、合わせて周辺メディアに関しても幅広く取り扱います。


●基盤となる問題意識1●


Macintoshをはじめとしたパーソナルコンピュータは、ここ数年で想像を越える機能進歩をとげており、そのグラウンドはますます拡がりを見せています。今後数年間でコンピュータのさらなる性能アップ、各機種間の相互接続が進むでしょう。また通信環境も、ISDNをインフラとして活発化し、さまざまなメディア実験がされて行くと思われます。 しかし、このようなメディアの多様化に伴い、逆に個人間のコミュニケーションが希薄になる危険性もあります。はたして我々を取り巻くデジタル環境の進化と歩調を合わせて、個々の精神が充実していくでしょうか?それは、使う人の意識次第でしょう。デジタル環境の進化に流されることのない、確固たる個々の指針がより必要です。


●基盤となる問題意識2●


コンピュータの普及による「デジタル化」は、今後もビジネス、プライベート共に拡大し、コンピュータ使用人口は増えると思われます。しかし同時に各ポジションの密度も高くなり、専門化、分業化が進むことによって全体を把握すること、あるいは逆により小さな部分を理解することがむずかしくなって来ました。ビジネスユースにおいては常にコンピュータの高性能化、複雑化、多様化と共に歩まねばなりません。 例えばデザイン、出版業界において、制作分業化が進むと共に各ポジションの制作者がより細部にとらわれ、全体像が見えにくくなっている、という現状があります。また個人ユースでは、各自の主体性を問う反面、理解度にあわせて自由なハード・ソフトを使用し、使用者のペースに合ったやさしい使い方ができることが、Macintoshの特性でした。しかしそのおおらかさは今後、次第に得られにくくなると思われます。


●問題解決手段としてのネットワーク●


このような現状の中で、ネットワークでの実験、試行錯誤を行なっていくことはどのような意味を持つでしょうか。まずハード・ソフトに関するノウハウの共有といった具体的な効用があるでしょう。 しかしそれ以上に、ひとりひとりが、どのようにビジネスで、プライベートでデジタル環境に対処していくかといった、個人のポジションのとりかたを考える「場」として、ネットの存在意義は決して小さくないものがあると考えます。





表紙へ戻る
ご意見・ご質問は  info@bunny.co.jp まで。